国内でも分かれやすい違法合法の判断

オンラインカジノが違法かどうかを判断するのは、最終的に法律に沿って行われるものです。本来そうしたところを判断できる材料が多く残されていて、これは違法とされていることなんだなと考えることはできますが、最近になってオンラインカジノはグレーのような状態になっていて、国内でもその判断が分かれてしまっています。

違法行為

賭博罪に該当するから違法という意見

オンラインカジノ自体は、日本で行ってはいけないカジノの範囲に入っていますから、その範囲内から抜けていないことを考えると違法と判断されることが多いです。違法になっていることは逮捕されても仕方ないことと判断できますし、こうして逮捕される可能性を持っている手法でもありますから、当然のように警察も目を光らせていると判断しているのです。
該当する理由は単純で、とにかくカジノという賭博行為は日本では行えないという理由だけです。この理由はカジノ法案などが実際に導入されて可能になってくると、違法扱いにはならないこともあります。しかし法律が導入されるまでには時間がかかってしまうこともあり、結果的に賭博罪は適応されると判断され違法扱いになることはあります。

海外のサービスだから合法という意見

一方で海外のサービスを利用してるために、日本で行っているのではないと思われて合法という意見もあります。日本国内で行っているならそれは犯罪行為となりますが、海外のサービすを利用しているだけと判断して、逮捕される理由がないと思っている方もいます。これが合法だと判断している部分となります。
確かにオンラインカジノというのは、海外のサービスとして展開されているところがあり、入金などの履歴も海外のサービスを使って行われています。この方法を使っていることは、日本警察が入り込むことができないと思われて、合法的に利用できるという意見もあります。

結果的には違法に近い状態は間違いない

どちらの意見があるとしても、結果的には違法に近い状態であり、逮捕されることもかなりあると思ったほうが良いです。これを商業的に展開していることは違法となりますが、個人で利用している場合は違法にならないケースもあるので、一概に全て悪いとは言えません。
どちらにしてもリスクのある方法であることを十分に理解した上で、何が危ないのかを判断した上でプレイしていくことが望ましいです。間違った方法を使っていると、それは逮捕される原因になってしまうこともあります。

オンラインカジノというのは、運営会社は海外の会社、そしてサーバーは海外のサーバーを利用しています。すると法律上、少しややこしくなります。なぜなら、日本人が海外に行ってカジノでプレイしているという状況に近くなるからです。もちろん日本人が海外旅行でカジノに行ってお金を賭けて遊ぶことは違法ではありません。オンラインカジノは、この日本人が海外に行ってプレイするカジノと、日本人が日本にいながらにして掛けを行う賭けマージャンや賭け将棋といったものの中間に属するのです。
現状、オンラインカジノに関する法律はしっかりと整備されていないため、賭博法の上で有罪か無罪かということははっきりと決まっていません。
引用:オンラインカジノは賭博行為になるのか?