問題を抱えるのはギャンブルの宿命

オンラインカジノが抱えている社会的な問題点

オンラインカジノは、いくつかの社会的な問題点を抱えています。
優良なオンラインカジノもありますが、そうではないオンラインカジノもあり、いくつか法律的な問題点や社会全体で考えていかなければならない課題も抱えています。
そこで、オンラインカジノが抱えている社会的な問題点にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、大きな問題点として、「ギャンブル依存症」の問題があります。
ギャンブル依存症の問題は非常に難しい問題で、オンラインカジノに手を出す方に増えています。
オンラインカジノは、勝ち負けのリターンの差が非常に激しいという特徴を抱えているため、多くの人が知らないうちに依存症気味になってしまいます。

また、オンラインカジノは、決済の仕組みがオンラインということもあり、クレジットカードでの決済になります。
現金が手元に十分になかったり、余裕がなくてもクレジットカードで後払いが出来ますので、そうなったときに、限度額以上を使い込んでしまうこともあります。
ギャンブル依存症になってしまうと、家族や周囲の助けが必要で、専門機関での治療が必要となります。

オンラインカジノは、非常に快楽が大きく、依存症に陥りやすいので、ギャンブル依存症になりやすい方は注意をしなければなりません。

良く取りざたされるスパム問題

オンラインカジノから送りつけられるスパムメールや、スパム広告に悩まされているという方は少なくありません。
迷惑メールとして一方的に送りつけられたり、ブログのコメント欄に大量にスパム広告が貼り付けられるという例も増えています。
オンラインカジノが抱えている問題点として、こちらのスパム広告の問題があります。

スパム広告は、悪質なオンラインカジノのウェブオーナーの仕業なのですが、オンラインカジノをよく知らない人からすると全て同じオンラインカジノの広告であると思ってしまいます。
スパム広告が蔓延することで、業界全体のイメージダウンになることは避けられず、大変残念なことです。

こちらのスパム広告については、現在では受け取り側が設定をして防ぐしかなく、改善しなければならない問題点の一つです。

オンラインカジノのサービスレベルの問題

オンラインカジノは、サービス水準がその他のサービス産業と比較しても低い状態です。
このため、オンラインカジノで初めて遊ぶユーザーにとって不親切な場合も多々あります。
問い合わせをしてもまともに対応をしてもらえなかたり、客を客とも思わないような対応をされることもあります。
日本語スタッフなのに日本語が通じなかったりするケースも有るなど、オンラインカジノのサービス水準は低いままです。

オンラインカジノは、サービスレベルが低く、遊ぶ際にトラブルになってしまったり、入出金でストレスを感じてしまうこともあります。
オンラインカジノを選ぶときには、サポートのレベルが水準よりも高く、口コミ評価が高いところを選ぶようにしましょう。

オンラインカジノとカジノカフェの摘発について

今、全国的にカジノカフェと呼ばれている違法なカジノ店の摘発が相次いでいます。
オンラインカジノのカジノカフェは、違法にこのオンラインカジノを店内で提供しているお店であり、完全に賭博罪に該当します。
経営者はもちろんですが、足を踏み入れて、ゲームをプレイしたプレイヤーすら、逮捕されてしまう恐れがあります。

オンラインカジノを違法に店内で提供しているうえ、店内で精算をしていることになるので、違法性が高く、けして手を出してはいけません。
また、こういったカジノカフェは、暴力団の資金源になっているという噂もあります。

カジノカフェについては、2006年に京都のカジノカフェが摘発されてから、全国の繁華街を中心に摘発が続いていて、キャッチなどで呼び込みをしています。
違法であることを知らずに、プレイヤーがお店に訪れてしまうケースも増えています。

オンラインカジノについては海外で合法的に運営されているため、これを違法と裁くことは出来ないのですが、カジノカフェは店内で精算が行われている以上、完全な違法です。
そして、カジノカフェについては、違法なお店だからこそ、ゲームの安全性や公平性も疑問が残ります。
イカサマや詐欺が行われている可能性も高いので、くれぐれも足を踏み入れないようにしましょう。

カジノ法案の成立とオンラインカジノの今後について

日本国内でも、ついにカジノ法案が成立したことを受け、オンラインカジノについても、正式に法律で認められるのか否かということが注目されていました。
しかし、オンラインカジノについては、法律で具体的に明記されることはなく、違法と禁止されるということもないままとなりました。
オンラインカジノが法律的にグレーゾーンであることは変わりがなく、今後も曖昧な状態が続いていくのではないかと考えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です