オンラインカジノ検分録」カテゴリーアーカイブ

問題を抱えるのはギャンブルの宿命

Published / by bidwinmobile / Leave a Comment

オンラインカジノが抱えている社会的な問題点

オンラインカジノは、いくつかの社会的な問題点を抱えています。
優良なオンラインカジノもありますが、そうではないオンラインカジノもあり、いくつか法律的な問題点や社会全体で考えていかなければならない課題も抱えています。
そこで、オンラインカジノが抱えている社会的な問題点にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、大きな問題点として、「ギャンブル依存症」の問題があります。
ギャンブル依存症の問題は非常に難しい問題で、オンラインカジノに手を出す方に増えています。
オンラインカジノは、勝ち負けのリターンの差が非常に激しいという特徴を抱えているため、多くの人が知らないうちに依存症気味になってしまいます。

また、オンラインカジノは、決済の仕組みがオンラインということもあり、クレジットカードでの決済になります。
現金が手元に十分になかったり、余裕がなくてもクレジットカードで後払いが出来ますので、そうなったときに、限度額以上を使い込んでしまうこともあります。
ギャンブル依存症になってしまうと、家族や周囲の助けが必要で、専門機関での治療が必要となります。

オンラインカジノは、非常に快楽が大きく、依存症に陥りやすいので、ギャンブル依存症になりやすい方は注意をしなければなりません。

良く取りざたされるスパム問題

オンラインカジノから送りつけられるスパムメールや、スパム広告に悩まされているという方は少なくありません。
迷惑メールとして一方的に送りつけられたり、ブログのコメント欄に大量にスパム広告が貼り付けられるという例も増えています。
オンラインカジノが抱えている問題点として、こちらのスパム広告の問題があります。

スパム広告は、悪質なオンラインカジノのウェブオーナーの仕業なのですが、オンラインカジノをよく知らない人からすると全て同じオンラインカジノの広告であると思ってしまいます。
スパム広告が蔓延することで、業界全体のイメージダウンになることは避けられず、大変残念なことです。

こちらのスパム広告については、現在では受け取り側が設定をして防ぐしかなく、改善しなければならない問題点の一つです。

オンラインカジノのサービスレベルの問題

オンラインカジノは、サービス水準がその他のサービス産業と比較しても低い状態です。
このため、オンラインカジノで初めて遊ぶユーザーにとって不親切な場合も多々あります。
問い合わせをしてもまともに対応をしてもらえなかたり、客を客とも思わないような対応をされることもあります。
日本語スタッフなのに日本語が通じなかったりするケースも有るなど、オンラインカジノのサービス水準は低いままです。

オンラインカジノは、サービスレベルが低く、遊ぶ際にトラブルになってしまったり、入出金でストレスを感じてしまうこともあります。
オンラインカジノを選ぶときには、サポートのレベルが水準よりも高く、口コミ評価が高いところを選ぶようにしましょう。

オンラインカジノとカジノカフェの摘発について

今、全国的にカジノカフェと呼ばれている違法なカジノ店の摘発が相次いでいます。
オンラインカジノのカジノカフェは、違法にこのオンラインカジノを店内で提供しているお店であり、完全に賭博罪に該当します。
経営者はもちろんですが、足を踏み入れて、ゲームをプレイしたプレイヤーすら、逮捕されてしまう恐れがあります。

オンラインカジノを違法に店内で提供しているうえ、店内で精算をしていることになるので、違法性が高く、けして手を出してはいけません。
また、こういったカジノカフェは、暴力団の資金源になっているという噂もあります。

カジノカフェについては、2006年に京都のカジノカフェが摘発されてから、全国の繁華街を中心に摘発が続いていて、キャッチなどで呼び込みをしています。
違法であることを知らずに、プレイヤーがお店に訪れてしまうケースも増えています。

オンラインカジノについては海外で合法的に運営されているため、これを違法と裁くことは出来ないのですが、カジノカフェは店内で精算が行われている以上、完全な違法です。
そして、カジノカフェについては、違法なお店だからこそ、ゲームの安全性や公平性も疑問が残ります。
イカサマや詐欺が行われている可能性も高いので、くれぐれも足を踏み入れないようにしましょう。

カジノ法案の成立とオンラインカジノの今後について

日本国内でも、ついにカジノ法案が成立したことを受け、オンラインカジノについても、正式に法律で認められるのか否かということが注目されていました。
しかし、オンラインカジノについては、法律で具体的に明記されることはなく、違法と禁止されるということもないままとなりました。
オンラインカジノが法律的にグレーゾーンであることは変わりがなく、今後も曖昧な状態が続いていくのではないかと考えられています。

未だ根絶されない様々な問題点

Published / by bidwinmobile / Leave a Comment

オンラインカジノが抱えている社会的問題

オンラインカジノが抱えている社会的問題

オンラインカジノはいくつかの社会的な問題点を抱えています。
オンラインカジノは、まだ登場して歴史が浅いということもあり、問題点をいくつか抱えているので、それを知っておく必要があります。

まずは、オンラインカジノの社会的な問題点として、ギャンブル依存症の問題点があります。
オンラインカジノは、勝ち負けのリターンの差が大きいので、ギャンブルの中でも依存症になりやすいと言われています。
ギャンブルはこの勝負の波が大きいほど快楽が大きいと言われていて、オンラインカジノは特にクレジットカードの決済が可能なので、つい大きく使い込んでしまいやすくなっています。
その結果ギャンブル依存症になりやすいのです。

一度ギャンブル依存症となってしまえば、自分一人で抜け出すことは非常に困難となります。
家族や周りの支えが必要になりますし、専門機関での治療が必須となります。
オンラインカジノは、ギャンブル依存症になってしまう危険性を十分に理解してから始めなければ、知らず知らずのうちに依存症に陥ってしまっているケースもあります。
こういった問題点を抱えていることを社会全体で認識していく必要があります。

オンラインカジノとスパム広告の問題について

オンラインカジノが抱えている社会的な問題点としてスパム広告問題があります。
ブログのコメント欄に意図的に貼り付けられるスパム広告は、依然として問題となっています。

オンラインカジノに関するこういったスパム広告は、虚偽の広告や誇大広告が多く、全てが悪質なオンラインカジノのウェブオーナーによるものです。
しかし、受け取った側は、全てのオンラインカジノが怪しいと感じてしまうこともあり、スパム広告が蔓延することによって、業界全体がイメージダウンしてしまうというリスクがあります。
スパム広告については現在では受け取り側が拒否設定をするぐらいしか防ぐ手段がなく、問題化しています。

オンラインカジノとサポート問題

オンラインカジノは、サポートが優れているとはいえません。
オンラインカジノは、歴史が浅い事業ということもあり、サービス意識が低い部分があります。
プレイヤーがサポートに対応をしてもろくな対応をしてもらえなかったり、また入出金でトラブルが相次ぐことも珍しくはありません。

日本のギャンブルであるパチンコではほとんど入出金でトラブルなどは発生しませんが、オンラインカジノの場合は頻繁に発生します。
これを解決するためにサポートに相談をする必要があるのですが、時には日本語が通じず苦労をすることもありますし、オンラインカジノによっては、サポートが非常に低レベルなこともあります。
オンラインカジノのサービス意識はその他のサービス産業と比較すると低く、期待するとストレスに感じてしまうこともあります。

カジノカフェの摘発や逮捕

カジノカフェの摘発や逮捕

オンラインカジノが抱えている問題点として、カジノカフェの摘発や逮捕があります。
全国的に、オンラインカジノを提供している違法なカジノカフェというお店が広がっていて、摘発の対象となっています。

カジノカフェではオンラインカジノを店内で提供しており、店内で精算が行われています。
オンラインカジノの場合、海外で運営されているということもあり、それそのものはなんら違法性はありません。
しかし、カジノカフェはこれを店内で提供しており、店内で精算が行われているので、国内で賭博が成立していることになってしまいます。

カジノカフェを経営している経営者はもちろんですが、そこに足を踏み入れた何も知らないプレイヤーまでもが逮捕されてしまう恐れもありますので、気をつけなければなりません。

カジノカフェは違法な存在ですので、ひっそりと繁華街で運営されているのですが、キャッチなどの呼び込みで、カジノがありますよと声をかけていることが多いです。
カジノカフェの摘発は全国で相次いでおり、こういった違法なお店が出店されるのは問題です。

これからのオンラインカジノはどうなるのか

これからのオンラインカジノはどうなるのか

オンラインカジノは、社会的な問題点を数多く抱えていますが、優良なオンラインカジノもあります。
そして、日本国内では、カジノ法案が成立し、カジノが正式に日本で作られることになります。
これと同時に、オンラインカジノも正式に解禁されるのではないかとプレイヤーの間では話題となっていましたが、結果的にオンラインカジノに関する法律は出来ないままで、「グレーゾーン的な位置づけ」は今までと変わらないようです。

しかし、オンラインカジノは、正式に違法とされたわけではなく、慎重に考えていくべきという姿勢を見せています。
世界中でオンラインカジノが広がれば、日本もそれと同様に解禁される可能性は非常に高いです。
オンラインカジノは、このように将来的には日本で解禁される可能性も高い事を知っておきましょう。

圧倒的な入金スピードを誇るクレジットカード

Published / by bidwinmobile / Leave a Comment

オンラインカジノの入出金としてのクレジットカード

オンラインカジノの入出金としてのクレジットカード

オンラインカジノへ入金をする際ですが、いくつかの方法があります。
電子決済サービスのエコペイズを使う方法、プリペイドカードを使う方法、そしてデビットカードなどを使う方法や、仮想通貨、ヴィーナスポイントが使えるところもあります。
数ある入出金方法がある中で、実は一番早くて便利なのが「クレジットカード」を使った入金方法であるといわれています。

クレジットカードは全てのオンラインカジノで対応をしているというわけではありません。
このため、利用することができるカジノは限られますが、専用の口座を作らなくてもいいので大変手軽です。
そして、現在手持ちのクレジットカードで今すぐカジノ口座へ入金することができるので便利です。
クレジットカードを使って今すぐ入金可能なオンラインカジノも多いですので、ぜひチェックしておくと、お試しで遊んでみたい時に便利です。

そこで、オンラインカジノのクレジットカードでの入出金について具体的に見ていきましょう。

クレジットカード入金の特徴とは?

オンラインカジノのクレジットカードでの入金については、以前よりも使えるカジノが増えてきています。
クレジットカード入金の特徴として、クレジットカードを利用するだけなので、エコペイズのように専用の口座を作る必要もなく、とても簡単であるという特徴があります。
そして、海外のオンラインカジノは通常なら両替する必要があるのですが、クレジットカードなら瞬時に円をドルに替えてカジノへと入金することが出来ます。
また、入金した資金についてはカジノの入出金をしている会社から、後日クレジットカードへと請求されることになります。

このように、クレジットカードは、後ほど請求されるという形になりますので、後払いになります。
このため、プレイヤーは手元に現金がなくとも、クレジットカードを使えばお試しという形でカジノで遊ぶことが出来ます。

そして、クレジットカードでの入出金の特徴なのですが、同じクレジットカードでも、発行している会社や時期によって、利用できるものとできないものがあります。
そんなときは、別のクレジットカードを試す必要があります。
カジノで遊ぶ際には、クレジットカードを複数枚用意しておくようにしましょう。

また、その他にも、便利な入金方法がいくつかありますので、別の方法で入金をすることをおすすめします。

クレジットカードが使えるオンラインカジノは増えてきている

クレジットカードが使えるオンラインカジノは増えてきている

かつては、クレジットカードが使えるカジノはそれほど多くありませんでしたし、実際に入金をしようとすると使えなかったりするなど、散々な結果でした。
しかし、最近ではクレジットカードが使えるカジノが増えてきています。
これは、オンラインカジノ側のプロセシング技術の向上によってかなりこのあたりが改善されてきたというのが理由です。
複数のクレジットカードを試してみることで、かなりの確率で使えるように進化しています。

しかし、クレジットカードが使えないということもまだあるにはありますので、その場合には、カードを替えてみることももちろんですが、カジノグループを変えてみましょう。
同じカジノグループなら同様にカードが使えない可能性もありますので、注意をしましょう。

認証サービスが表示されることも

オンラインカジノのクレジットカードでの入金ですが、タイミングやカード会社によっては、認証サービスが表示されることもあります。
認証サービスは本人認証のサービスとなりますので、カード会社や銀行のIDを入力する必要があります。
パスワードについても自分が設定をしたパスワードを入力する必要があります。
もしも分からなければ、カード会社に問い合わせるようにしましょう。

クレジットカードでの決済の注意点とは

クレジットカードでの決済の注意点とは

クレジットカードでのオンラインカジノでの決済は非常に利便性が高いですし、とても簡単に入金が出来ます。
反映されるのも早いですし、メリットもたくさんあります。

しかし、クレジットカードでの決済の注意点として、入金には使えるものの出金をすることは出来ません。
このため、オンラインカジノで得たお金を出金する際には、別の出金方法を考えておく必要があります。

クレジットカードに出金できるオンラインカジノがある

このように、クレジットカードで入金した場合の問題点は、払い戻しをどうするのかという点です。
一部のカジノでは、実はクレジットカードへの払い戻しを実施しているところもあります。
しかし、これは便利なようで実は考えものです。

これはチャージバックといって、返金制度を用いることで、クレジットカードへと返金します。
カジノの場合はこのチャージバックの差額が大きくなってしまうので、クレジットカード会社に怪しまれてしまう可能性があるからです。
このため、払い戻しにはエコペイズなどを利用することをおすすめします。

オンラインカジノに付きまとう様々な課題

Published / by bidwinmobile / Leave a Comment

恐ろしいギャンブル依存症

恐ろしいギャンブル依存症

オンラインカジノの社会的な問題として、ギャンブル依存症の問題があります。
ギャンブル依存症とは、生活の全てをギャンブルに注ぎ込んでしまい、仕事や生活などを犠牲にし、時には借金を抱え破滅してしまうこともあるような依存症の症状を指します。

ギャンブル依存症患者は、日本国内に約50万人以上存在すると言われており、主にパチンコやスロットが原因とされています。
オンラインカジノは、この数字に含まれてはいないものの、非常に依存性の高いギャンブルということで、懸念されています。

オンラインカジノの特徴として、波が激しく浮き沈みの激しいギャンブルという特徴があります。
勝てば大金を手にすることが出来ますが、負ければ一瞬にして大きな損失を出してしまうことになります。
そういった特徴から、快楽が大きいギャンブルとも言われています。

また、ギャンブルは、対人ゲームよりもマシンゲームのほうが依存度が高いという研究結果もあるようで、オンラインカジノはこちらにも当てはまっています。
多くの人がオンラインカジノを始めれば、それだけギャンブル依存症患者は増えるのではないかと考えられています。

更にオンラインカジノはクレジットカード決済が主なので、現金決済ではありません。
このため、現金を持っていなくても後払いでギャンブルにつぎ込むことが出来てしまうのです。
その結果生まれやすいのがギャンブル依存症であり、借金が膨れ上がる原因にもなってしまいます。

オンラインカジノとギャンブル依存症の問題は切り離せない問題であり、早急に解決をするべき社会全体の課題です。
オンラインカジノをこれから始めようと考えている人も、けして借金をしてまで始めることは避けておきましょう。

オンラインカジノは刺激の強いギャンブルですので、依存しやすい方は手を出さないようにしましょう。

スパム広告の蔓延とオンラインカジノ

オンラインカジノのスパム広告が社会問題となっています。
ブログのコメント欄に無差別に貼り付けられたり、また掲示板にオンラインカジノのスパム広告が貼り付けられるケースが増えています。
これは無差別であり、迷惑な存在です。
しかし、悪質なオンラインカジノのウェブオーナーが居る限りこういった行為は収まる気配がありません。

迷惑メールによって、無差別に送りつけられるというパターンもありますので、オンラインカジノ全体がマイナスイメージに見られてしまうのは悲しいことです。
スパム広告は、受け取り側が対策をしない限り、これを防ぐ手立てがありません。
こういったオンラインカジノが増えてしまうと、スパム広告が蔓延してしまい、パソコンで設定を替えて防がなければならないなど、手間がかかってしまうことになります。

オンラインカジノとサポート体制の問題

オンラインカジノのサポートのサービス水準は、その他のサービス産業と比較しても水準が低いといわれています。
パチンコと比較されがちなオンラインカジノですが、入出金のトラブルが全くといって存在しないパチンコと比較すると、オンラインカジノの入出金トラブルはとても多いです。

オンラインカジノとサポート体制の問題

さらに、オンラインカジノのサポートのトラブルも多く、きちんとした対応をしてもらえなかったり、問い合わせをしても時間がかかってしまう、あるいは無視をされてしまうというケースもあります。
日本語スタッフがいるものの、日本語が通じないというケースも有るようです。
オンラインカジノは、トラブルが起きやすいので、サポートとのコミュニケーションが必須となるのですが、このような状態では安心してプレイをすることが出来ません。

オンラインカジノは、歴史が浅いということもあり、業界全体のサービス意識が低いままです。
最近では、日本語スタッフが24時間常駐しているオンラインカジノも増えてきていますが、サービスについては期待できないオンラインカジノも多いので、注意をしましょう。
初心者の方がオンラインカジノを始める場合には、サポートの口コミ評価が高いところを選ぶようにすることがおすすめです。

オンラインカジノとインカジの問題とは

オンラインカジノの社会的な問題として「インカジ」と呼ばれるカジノカフェの問題があります。
インカジは、違法な存在であり、店内でオンラインカジノが遊べるという賭博の店です。
マンションや、ネットカフェの店内で運営されており、キャッチで人を呼び込んでいます。

オンラインカジノとインカジの問題とは

摘発が全国的に相次いでおり、店主はもちろん、プレイヤーも逮捕されてしまうリスクがあるインカジは、反社会勢力の資金源となっています。
オンラインカジノは法律的にグレーゾーンですが、安全に遊べる上摘発されるリスクはほぼありません。
しかし、インカジは、そうではなく完全に違法な存在です。
両者が混同されてしまうことはとても悲しいことですし、インカジのような賭博を行う違法なお店が出てくることは社会問題の一つとなっています。

質の高い安全なギャンブル

Published / by bidwinmobile / Leave a Comment

オンラインカジノの魅力

オンラインカジノの魅力

オンラインカジノには、さまざまな魅力があります。
オンラインカジノの魅力ですが、ギャンブルの中でもペイアウト率が圧倒的に高く、他のギャンブルと比較しても賞金額が非常に大きいという魅力があります。

パチンコやスロットの場合、勝つことが出来たとしても、数万円~数十万円の範囲となっています。
しかし、オンラインカジノなら、勝つことが出来れば数億円程度の勝ちも得ることが出来ますし、最高額では32億円という金額が当たったプレイヤーも存在しています。
さまざまなギャンブルの中でも、一瞬にして億単位のお金を稼ぐことが出来るのが、オンラインカジノの魅力となっています。

また、オンラインカジノは、いつでもどこでも遊ぶことが出来ます。
24時間営業となっており、365日いつでもプレイが出来ます。
インターネットとパソコンさえあれば場所を選ばないので、忙しい現代人にもぴったりです。

オンラインカジノの違法性

オンラインカジノをするに当たって、違法性は気にしておきたいところです。
オンラインカジノは、違法ではないのかと問題視されがちですが、オンラインカジノは合法でもなく違法でもないというグレーゾーンに位置づけられています。
オンラインカジノに関する具体的な法律は日本の法律には現時点ではありませんし、法律がないということは違法でもなければ合法でもないということになります。
オンラインカジノのプレイヤーが逮捕されてしまうリスクも極めて少ないですし、仮に逮捕されてしまったとしても、処罰されてしまうリスクは極めて少ないです。

その理由としては、まずは第一にオンラインカジノは、海外の合法国でライセンスが発行されて正式に運営されているということですので、これを日本の法律だけで裁くことは出来ません。
また、第二に、賭博罪は、賭博の胴元とプレイヤーをどちらもを逮捕しなければならないと定められており、オンラインカジノの場合、業者が海外にいるということもあり、胴元を処罰することが出来ず賭博罪が成立しないことになります。
従って、オンラインカジノを賭博罪として仮に逮捕したとしても、その違法性を立証することは極めて困難ですし、実際に逮捕されてしまったプレイヤーも不起訴処分を勝ち取っています。

オンラインカジノの勝ちやすさはどの程度なのか

オンラインカジノの勝ちやすさはどの程度なのか

オンラインカジノの勝ちやすさに関することですが、オンラインカジノは、非常にギャンブルの中でも勝ちやすいと考えられており、その理由としてペイアウト率の高さが挙げられます。
オンラインカジノのペイアウト率は、他のギャンブルと比較しても圧倒的に高く保たれており、そのペイアウト率は97%以上です。
パチンコや競馬は75~80%のペイアウト率ですし、宝くじについては、45%と非常にペイアウト率が低いです。

ペイアウト率というのは、プレイヤーへと勝ち金が払い戻しされる割合のことになりますので、ペイアウト率が高いということはそれだけ有利になることを示しています。
オンラインカジノほどのペイアウト率が高いギャンブルは他にありませんのでそれだけ支払われる可能性が高く、勝ったときに多くの勝ち金を得やすいということになります。

しかし、ペイアウト率は高いオンラインカジノですが、必ず勝てるわけではないので、そのあたりは頭に入れておく必要があります。
たとえば、どこかで勝ち続けているプレイヤーがいたとして、その時点でペイアウト率の90%を超えていれば、別のプレイヤーはペイアウト率が10%以下になってしまうということになります。

ペイアウト率は個人の還元率を示すものではありません。
また、オンラインカジノはあくまでもギャンブルであり、慈善事業ではありませんので、最終的には胴元が少し儲かる仕組みになっています。
焦って繰り返して続けたところで、最終的には損をしてしまうことが多いですので、気を付けるようにしましょう。

オンラインカジノと詐欺やインチキの可能性

オンラインカジノと詐欺やインチキの可能性

オンラインカジノというと、インチキや詐欺が行われていて、勝つことがそもそも出来ないのではないかというイメージがあります。
このイメージはあながち間違っておらず、悪質なカジノは実際に存在しています。
しかし、優良とされているオンラインカジノは、そういった詐欺や不正行為を行っているということは一切ありません。

これはなぜかというと、オンラインカジノを運営するためには、ライセンスが発行されて、そして外部の監査機関によって、定期的に不正やイカサマがないかチェックを受けているからです。
不正があればその時点でライセンスは剥奪されてしまいますし、現時点でそういったデータは出ていないことが、それを証明しています。

オンラインカジノを運営しているのは、株式市場で上場している一流企業ばかりですし、一時的な利益のために企業のイメージや信頼が失墜してしまうようなことをするとは考えにくいです。
このため、優良カジノなら安全に遊ぶことが出来ます。